もんぺ研究室

もんぺと共に日々の小さな発見をおもしろがるブログです。

Feb 24, 2015

monpe、海を渡る

「ニカラグアからでも買えますかぁ?」

 

ある日、もんぺやのお問い合わせフォームへこんなメールがやってきました。

「なんと!!遠く離れたニカラグアからもんぺやのホームページを見てくださった人がいるなんて!!」

「ドキドキドキドキ」

 

しかし、ニカラグアって一体どこにある国でしょうか??

聞いたことあるといえばあるような、う〜ん、ないような…

 

というわけで、調べてみました!!

ニカラグアはこちら↓

 

もう少し細かく見てみると…

 

メキシコやコロンビアのご近所さん、中米の国です。

ちなみに国旗はこんな感じです。

今のところ、もんぺやは海外対応していません。

が!!いつだって個別に対応はさせて頂いております!!

もんぺやとコミュニケーションが成り立ち、お互いの国との物価の違いの中で折り合いが付き、なおかつお届け先の国の郵便事情と運賃の問題が解決できれば、基本的にはオッケーです。

けれど、世界中のどこの国でも日本みたいにきっちり届け物が届くわけじゃあない。ということを私は知っています。

大体届くのでしょうが…届いたり届かなかったりする国もあります。

と、いうわけで国によってはあなたの手元までたどり着かないかもね。さえも前提でお送りしないといけないこともあるかもしれません。

なんだか、とってもアバウトですが、世界はいろいろなのです。

 

さて、今回 中米ニカラグアの場合は…というと、

実は、ニカラグアからお問い合わせをしてくれたのは、現地で働くもんぺやの知人です。

私も「ついにもんぺが海外に!!」と大興奮しましたが少し違いました。

きっと、もんぺが彼女好みだろう。と日本にいる友人が知人に教えてくれたそうです。

というわけで、話し合いの結果、近々日本から同僚がニカラグアにいくので、その人に預けてほしい。ということになりました。

もんぺは軽くてコンパクトにまとまるので、カバンにちょっと忍ばせるにはうってつけですからね。

今回はタイミングよく話がまとまりましたが、それぞれの国の事情に対応していければな。と思っています。

 

後日、無事にもんぺが届いたとのメールと写真が届きました。

中米特有の黄土色の壁と鮮やかなグリーンにもんぺの紺がものすごくきれいです!!

冬の日本とは違う太陽の光を感じますね。

暑い季節ならではのもんぺとサンダルのラフな足もとが気持ちよさそうです。

 

初もんぺの感想は、

「サラっとしててほんと気持ちいい生地。

バッチぐー(^_^)v」

だそうです。

 

もんぺの柄は今週末のひとたらい市にも持っていく予定の「こんぺいとう」という柄です。

子供の頃よく食べた、サイコロ状の飴が二つ入った飴の色合いにとてもよく似ているところから名づけました。

 

彼女のいるニカラグアは、今は乾季を迎えているとのことなので、きっともんぺを洗ってもすぐ乾きますね。

 

 

 

 

 

 

Posted in もんぺ研究室

 

Feb 9, 2015

今日のもんぺ カラフルメンズコーデ

週末の春が来たかのような、柔らかな日ざしの天気とはうってかわって、大寒波がやってきているようです。

さ、さむい…

現在の室温3℃。

わがもんぺ研究室は山の中にあり、ストーブを二つつけてもその上暖房をつけても寒い…

夏の夜には、窓を開けて寝るとキャンプ場の香りがします。(つまり、夜の森のにおい)

というわけで、背中にストーブを背負っているかのような至近距離にストーブを近づけて作業をしています。

 

さて、イベント出店などで実際のお客様とのお話の中でよく出てくるのが

「もんぺって、男の人もはいてもよくなったんですか。」

「へぇ~、男性用のもんぺもあるんですね。」

というお話です。

 

もんぺといえば、女の人がはくもの。というイメージがあるかと思います。

けれど、はいてびっくり!!

男の人もとても似合う!!

なんだったら、男の人の方が似合うんじゃないか。と思ってしまうくらいよく似合います。

 

もんぺやでは、特にこれは男性用、これは女性用などの区別はしていません。

形にずいぶんゆとりがあるため、M,L,LLのサイズの中から自分の好みにあったサイズと柄を選んで頂ければ。と考えています。

ヒトはとっても賢いので、自分に似合いそうなものは、ちゃんと気になるように出来ていると私は思っています。

だから、男性でも年齢がいくつであろうと、そんなことは関係なく、

「ん?もんぺ?ちょっとはいてみたいな。気になるな。」

と、感じた人はぜひぜひ試してみてください。

きっと似合います。

 

と、ハードルをとってもあげてしまいましたが、

今日のもんぺコーディネートです。

色鮮やかなグリーンのナイロンジャケットに、もんぺは鳥々(青)LLを合わせています。

*モデルの男性 身長180㎝ 体重60㎏

なんとなくアウトドアな仕上がりですね。

もんぺですから、動きやすさは太鼓判!

キャンプにサイクリングにいろんな外遊びのお供に活躍してくれそうです。

今の季節はもんぺ一枚では風通しが良すぎて少々寒いので、もんぺの下にパッチなり、タイツなり何かあったかいものを重ねることをおすすめします。

鳥々(青) 拡大はこちら↓

この鳥々もんぺ、ぱっと見は難易度高そう…とか、一体何を合わせたら…と思われることが多いようですが、はいてみると思っていたよりもしっくりとなじみます。

モールス信号(紺系)と並んで、男性の一着目に始めやすい柄だと思います。

モールス信号(紺系)拡大↓

他にもニットベストやダウンベストなどアウトドアな雰囲気の強いものとの相性がよいように思います。

 

いかがでしょうか?

これから春が近づいてきます。

今年はもんぺでどこかへ行ってみる計画を立ててみませんか

 

 

 

Posted in もんぺ研究室

 

Jan 27, 2015

1月のひとたらい市に行ってきました

1/24(土) 大和郡山 柳町商店街にある柳花簾内で開催されたひとたらい市に出店してきました。

当日は久しぶりのいい天気。

お昼過ぎにふるまわれるというぜんざいとお餅つきにわくわくしながら会場へ。

 

前回出店されていた方から、

「のんびりしたイベントですよ」

と、聞いていましたが、いつだってイベント出店は緊張します。

もう2日前くらいからあんまり眠れなかったし…

今回こそは実際に買って下さった方のもんぺ姿を撮影させてもらおう!!と張り切っていきましたが、結局もんぺやブースに来て下さった方とのお話に夢中でほぼ撮れませんでした… 残念。

 

もんぺやブースの様子です。↓

もんぺを買って下さった方は、

「家でゆっくりする時に着るものを探していたの〜」という方や、

 

「今度、世界一周旅行に行くので、その時にもっていくんです」という女性。

私もその昔、わりとハードル低めですが、地球一周の旅に行ったことがあるので、ついつい旅のはなしと、旅行にもんぺがどれだけ重宝するか。ということを力説してしまいました。

旅から戻ってきたら、旅行中のもんぺの感想をぜひ聞きたいですね。

 

他には、「おばあちゃんと旦那さんと奥さんでみんなで履くねん。と3着お揃いで買って下さった方。

 

「嫁のプレゼントにしようと思うんです、どれがいいか選んでもらえますか?」とおっしゃる方。

奥さんの好みをお伺いしつつ、これが気にいってもらえるんじゃないか。というもんぺを選ばせて頂きました。

果たして、プレゼントはうまくいったんでしょうか。

とっても気になります。

 

会場である、とほんの店主さんも買ってさっそく履き替えてくださいました。

気に入って頂けたようで嬉しいです。

 

あっという間に終わりの時間がやってきてしまい、もんぺと共に楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

ちなみに私が、隙を見てひとたらい市で買ったのはこちら。

かたり。ことり。さん(針金アート&小物)の羊毛と針金の顔ブローチです。

このなんとも言えない表情がすごく気に入っていて、今回絶対買おうと来る前から決めていました。

他にも石鹸屋さんや、焼き菓子屋さんなど気になるお店がたくさんでしたが、もんぺやに夢中になっているうちに行きそびれてしまいました…

来月は2/28(土)に開催予定です。

また参加が決まればお知らせしたいと思いますので楽しみにしていて下さい。

お越しいただいたみなさんどうもありがとうございました。

 

 

 

Posted in もんぺ研究室

 

Jan 16, 2015

名前はまだない

さあさあ、もんぺやは今、何をしているでしょうか??

来週の大和郡山「ひとたらい市」に向けて、仕入れにいったり、どのもんぺを持っていこうかなぁ。ともんぺとにらめっこしてあーでもない、こーでもない。と思案中です。

そもそも私はそんな遠くまで車で行けるのだろうか…

まだ隣の町までしか一人で行ったことはありません。

心配です。

ものすごく早起きしてゆっくり会場へ向かいます。

 

さて、前回のもんぺやニュースでもお伝えしましたが、来週のひとたらい市では、ネットショップには出していない柄を中心に持っていく予定です。

今日はその中のほんの少しをご紹介。

遠目から見ると…

もんぺのイメージを裏切らないもんぺらしい柄ですね。

でも・・・

近づいてみると、

まるでインベーダー!!

もんぺ全体で見た時の主張はあまり強くありませんが、紺地にピンクや赤、薄い水色などポップな色合いが織り込まれており、遠近のギャップを楽しめる一着です。

残念ながらこちらのインベーダー柄は、L ・LLサイズともに一着ずつなので、気になる方はお早めに。

 

お次は、とってもシンプルなもんぺ。

紺地に白いすじ状の線がドットの様に入っています。

 

こちらは、M・L・LLともにご用意あります。

 

きっと着る人によってどんな風にも見せることが出来るだろうなあ。

ボーダーとの相性もよさそう。

マリンにもガーリーにもシンプルにも、そして、THE農家!!っぽくも仕上げられる。

(なにしろもんぺですから)

という、いつまでも愛用出来そうなもんぺです。

 

このもんぺ、名前はまだ決まっていません。

ここまで出てる、うーん、ここまで出てます。

この線の感じ見たことあるんだ。

あと一週間この「うーん、ここまで出てる!!」感と共に私は考えます。

どんな名前がついてるか、それもぜひ当日のお楽しみにしていて下さい。

そして、みなさんならなんと名前をつけますか??

もし、良ければまた会場で教えてください。

 

Posted in もんぺ研究室

 

Dec 30, 2014

来年はすぐそこ

手探りだらけだった一年が終わろうとしています。

きっと来年も手探りで進んでいくんだろうな。そんな気がします。

人と一緒に何かを作っていくことはプレッシャーもたくさんあるけど、すごくいいな。と感じた一年でした。

たくさんの方に手を貸して頂きました。

私一人では、ここまで出来なかっただろうな。ということだらけです。

本当にありがとうございました。

 

もんぺを買って下さったみなさんもありがとうございました。

みなさんそれぞれに着こなしがあり、発見だらけでした。

 

来年もまたもんぺフェスを開催出来たら。と考えています。

次はどんな企画にしようかな。お正月はそれを練りたいと思います。

 

では、来年もみなさまにたくさんもんぺの魅力をお伝えできますように…

よいお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted in もんぺ研究室

 

Dec 20, 2014

今日のもんぺ 冬のアウターともんぺ

こんにちわ、今年も残すところ10日となりました。

もう後10日しかないなんて私は驚きと動揺を隠しきれませんが、来週にはクリスマスもやってきます。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

「ねぇ、サンタって本当にいるの?」と、もし自分の子供に聞かれたら、

「分からない。」 正直にそう答えよう。と思っています。そして、

「でもね、 サンタを見たことが無いこととサンタが本当はいないことは決してイコールじゃないと思うんだよ。

私だって、クリスマスの日にサンタがトナカイに乗ってプレゼントを配るところなんて見たことはないけれど、いると思って過ごす方が楽しいものはいると思ってたらいいんだよ。」

そう言ってあげよう。と思っています。ただ、果たしてその時が来たら私はちゃんと子供に伝わるように言えるのだろうか。

きっと、あわあわしてしまって伝えたかったことの半分も言えないんだろうな。とがっかりしてる自分を想像して今から緊張しています。笑

 

さて、お待たせしました!!

今日の本題 久々のもんぺコーディネート行きます。

今回は冬も本番!コート×もんぺで外へ出てみよう!! です。

はい

横から

少しゆったりめのダブルのテーラードコート(黒)に

もんぺはモールス信号(紺系)を合わせてみました。

写真のコーディネートは黒のコートを合わせていますが、ネイビーのコートと合わせても黒よりも

柔らかい雰囲気が出て、お好みしだいかな。と思います。

かっちりしたイメージのあるテーラードと合わせることにより、なんだかいつものカジュアルな雰囲気から少しモードな雰囲気がしますね。

あとは、小物の合わせ方できっちり〜カジュアルまでバリエーションが広がって色々楽しめそうです。

先のとんがりめ(街でよく見るやつ)のニット帽で遊んでみたり、鮮やかな色のバックを持ってみたり。

あとは、もんぺを変えてもまた雰囲気が変わるんじゃないかな。と思います。

スイスなら赤がきっといいアクセントになって、かわいらしい感じに仕上がるでしょうし、

灯りを合わせても、レトロな雰囲気が際立って冬っぽくなるんじゃないかな。と思います。

 

ちなみにテーラードって名前はよく聞くけど、ほんとのところはなんざんしょ?

と思ったので、調べました。

テーラード…「紳士服の仕立て屋」の意味

テーラードジャケットは男性の背広のようなしっかりとした仕立てのジャケット (weblio辞書より)

だそうです。

 

みなさんもお手持ちのアウターともんぺ ぜひいろいろ試してみてくださいね。

 

 

 

Posted in もんぺ研究室

 

Dec 18, 2014

カメラといろえんぴつ

それはとても瑞々しく、私たちのいる世界にはこんなに透明な光が降り注いでいたんだろうか。と思わされます。

そして、私はこのブログを書きながら、ストーブの上でサツマイモをふかしています。

 

もんぺやホームページの写真も撮影してくださった写真家の濱田英明さんの写真展

Hideaki Hamada+danny Exhibition ‘‘CAMERA AND COLOR PENCILS‘‘

「カメラといろえんぴつ」に行ってきました。

よく使いこまれたコテージのような会場の雰囲気と共同で展示されているイラストレーターのdannyさんのイラストと濱田さんの写真がとてもよく調和していました。

濱田さんの写真は柔らかく優しいけれど、それはそれはくっきりしていて、そのくっきりは写真に写るものの芯のようなものが写っている気がします。

dannyさんの絵はよーく近づいてみると、確かに色鉛筆でかかれた絵なのだけど、少し離れるとまるで写真みたい。でも、写真とおんなじの写実的な絵かと聞かれるとそれともまた違う。

そして、二人の作品から溢れる空気感はとてもよく似てる。

離れたり近づいたり、右を向いたり左を向いたり、あっちが絵なのかこっちが写真なのか。

なんとも不思議で素敵な作品の数々でした。

もんぺやのホームページは濱田さんを含め、働き方がとても尊敬できるなぁ、素敵だなあという方々にお願いして完成しています。

また、少しずつ紹介していきたいと思います。

今回は写真を担当してくださった濱田英明さんの展覧会のお話でした。

 

 

 

 

 

 

Posted in もんぺ研究室

 

Dec 9, 2014

お客様より

お手紙を頂きました。

ポストに届いた見慣れない字。

もんぺをお買い上げいただいた方からです。

 

もともともんぺをご愛用されているそうで、もんぺやで取り扱っているもんぺも気に入って頂けるといいな。

少しドキドキしながらお届け致しました。

 

当たり前ですが、こうして一人ひとりにちゃんと届いていると思うと嬉しくなります。

ご丁寧にありがとうございました。

 

 

 

Posted in もんぺ研究室

 

Nov 30, 2014

わたしは驢馬(ロバ)に乗って下着をうりにゆきたい

普段 自分がなにかをはじめる時には、「絶対に会社の旗を作るんだ。」そう決めていました。

立派じゃなくてもいい、自分たちの身の丈に合った旗。

ちゃんと主張を持って私たちはここにいます。と振れるような大きな旗。

子供の頃に見た、トムソーヤが作ったみたいな旗。

毎朝、よしやるぞ。と思える旗。

よく晴れた日に屋上でひらひらとはためく旗、そんな旗にしよう。とずっと頭の中で思い描いてきました。

 

もうすっかりぼろぼろになった本があります。

「わたしは驢馬(ロバ)に乗って下着をうりにゆきたい」

新聞記者だった鴨居羊子という女性が新聞社を辞めて、全くのゼロから下着会社「チュニック」を興していく過程を描いた本です。

 

手に取ったのはきっとたまたまだったのだと思います。

けれど、20代そこそこだった当時の私は、この本の著者であり、主人公鴨居羊子さんの本の中から溢れんばかりのパワー、今にみておれ。という反骨心。

ずんずんと自分一人で切りひらいていくカッコよさのとりこになり、私もこんな風に何かを作りたい。と毎日のようにこの本を読んでいました。

もんぺやの旗を作ったのも鴨居さんの影響です。

鴨居さんが新たに会社のビルを借りたとき、屋上に3つの美しい色の社旗を作りました。

~~~~~~~

旗をかかげるといっても、何もこの旗のもとで朝礼をしたり訓示があったりするわけではない。三角形のビルのてっぺんに美しい色の旗がひるがえると、けっこう大きな外洋船を動かしているような錯覚が楽しかった。しかしこの時代を私の〝フラッグの時代゛と呼んでもいいほど風と光はためく旗に私たちは希望を託した。(本文より)

~~~~~~~

全くの素人が友達の部屋で自ら下着のパーツを作るところからはじめて、一坪の事務所、河沿いの掘立小屋、そしてビル。と段々と会社が大きくなって鴨居さんが活躍していく様子と屋上の旗がはためくイメージが見事にマッチして、その旗のシーンがかっこよく、とてもまぶしく見えました。

いま、久しぶりにこの本を読み返してみて、旗のシーンだけではなく、端々の色々なところに鴨居さんの影響を受けているんだな。と改めて感じます。

 

そして、そんな鴨居さんの影響を受けたもんぺやの旗がこちらです。

 

ホームページを開くとまず一番に目に入るこの旗のロゴもこの旗をモチーフに作られています。

洗いざらしのくたくたになったもんぺをそのまま木に結わえつけたような、人間くさい生活のにおいのする旗。 この旗とロゴはもんぺやのコンセプトの象徴です。

 

今、その時のあなたを生かす

もんぺは今、その時のあなたを生かして着ることの出来る服です。
洋服にはない柄の新鮮さ。 また、その機能的でシンプルな形ゆえ、
性別、年代、体型を問わずはいて頂くことが出来ます。
(それは、今その人のまま着こなすことが出来るということ)

もんぺやは、その人の今を肯定したいのです。
嬉しい時にはもんぺをはいて踊りましょう。
悲しい時にはその悲しみはもんぺとともにザブザブ洗って下さい。
もんぺはくりかえし洗うことで、柔らかく着心地が増し、よりあなたに沿うものになっていきます。
もんぺやはあなたにしわが増えていく様子も老いていくことも肯定したいのです。

そうして、いつまでももんぺと共にあなたの今に寄り添って行ける存在であることを願い、ここに記します。

もんぺや 店主 中西あゆみ

このコンセプトの通り、いつまでももんぺと共にあなたの今に寄り添って行けるよう、旗とロゴに決意を込めています。

Posted in もんぺ研究室

 

Nov 19, 2014

みなさまの声と中の人

もんぺやホームページをはじめてもうすぐ3カ月がたとうとしています。

赤ちゃんでいえば、そろそろ首が座り始める頃でしょうか。

もんぺやでいうところの「首が座る」はどんな状態を指すのでしょうか…

恋人同士なら最初の別れの危機が来る頃ですね。

 

はっ、縁起でもなかったですね。

今日は、もんぺを買ってくださった方から頂いたお声を紹介していきたいと思います。

わー、パチパチパチパチ☆

まずは、どんな方が買って下さっているのか?

性別はやはり女性のお客様が多いです。

けれど、男性からのご注文もちょこちょこ頂きます。

インターネットだと男女比は1:9くらいです。

こんな感じ↓

ただ、ホームページがだいぶ女子目線なのでこれは少しずつ構成を工夫していきたいと思います。

他には、購入いただいた方は女性のお客様ですが、夫婦で着回そうと思っています。という方もおられました。

この夫婦での着回しは時々おっしゃっていただきます。

M,L,LL と股下の長さが5センチ刻みで大きくなっていくのですが、基本的なつくりに非常にゆとりがあるので少々の体格差はどーんと受け入れます。

ネット上の男女比はこのような感じですが、イベント出店などで、外へ出ていくとその男女比はだいぶ変わります。

男女比5:5とまではいきませんが7:3〜6:4くらいとずいぶん男性のお客様が増えます。

男性のお客様の声としては、

作務衣感覚で。

ジャージは嫌やけど、夏にGパンをはくのも暑くてしんどい。かと言って、短パンの抵抗がある。ちょっとそこらへんに出かける服にちょうどいい。

などがあり、50代くらいの方のちょっとそこまで。用の服ってそう言われてみればないかも。ということが新たな発見でした。

 

さて次は、みなさんどんな時にもんぺをはいていらっしゃるのでしょうか??

まず多いのが家にいるとき。

ごろごろするにも、家事にもうってつけです。

他には、旅行の時はカバンに一着持っていっています。

畑仕事の時。

ここらへんは定番ですね。

私が、なるほど〜。と思ったのは、冷えとりに使おうと思って。です。

みなさんは冷えとりをご存知でしょうか??

冷えとりとは、下半身(特に足元)を温めることにより、体全体の巡りをよくしていこう。という健康法です。

基本的なやり方としては絹と綿などの天然素材でできた靴下を重ね履きして足もとから温めていくものです。

たくさん靴下をはいているのでどうしても合わせる服が限定されてきます。

そんな時に、綿100%で出来ており、締めつけずゆとりのあるもんぺがちょうどいい。というお話でした。

その方は普段は一着目はLサイズを購入されましたが、2着目は冷えとり用に。とLLサイズを購入されておられました。

ジャストサイズだけではなく、用途によって色々な選択肢があり、おもしろいです。

ちなみにヨガなどをされる際にも、ワンサイズ大きなものを選ばれることをおすすめします。

 

あとは、もんぺを愛用しておられる方はよく「はいたら手放せなくなった。」

とおっしゃられることが多いです。

 

その言葉を聞くと、もんぺやの未来も明るいぞ。と感じ背中を押していただいているような気がします。

もんぺやはネットの販売が主なのでお客様の顔は見えません。

けれど、中の人(中西)は、みなさんそれぞれを注文ボタンを押すスイッチはどこだったんだろうな。とみなさんが思うより興味があります。ホームページだったのか、もんぺの柄だったのか、実際に商品を手に取ってみて、期待通りだったのか、がっかりだったのか。

どんな着こなしを楽しんでおられるのか。

例えていうなら、首根っこつかんで、「ねぇ、ねぇ、ねぇ!!」

とやりたいくらいです。笑 (もちろんそんなことはしません)

 

あとは、要望ですね。

子供用はないんですか。

もっと大きなサイズへの対応はできませんか。

もっと柄の種類を増やしてほしい。

どんなコーディネートがあるのか知りたい。

アウターとの合わせ方、メンズのコーディネート等々。

もっとカラフルな柄はないんですか。

家の中で着るにはいいけど、街にもんぺでいくのは抵抗がある。

などです。

 

まだまだすることは山ほどあります。

そして、もんぺいいね!と言っていただけるととても嬉しいです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

Posted in もんぺ研究室

 

1 2 3